やり直し英会話入門
今度こそ、英語がペラペラに話せるようになりたい!英語をきちんと基礎からやり直したい!

"always" と "never" は取り扱い注意!

ホーム > 日本人の間違いやすい英語! > "always" と "never" は取り扱い注意!

今回は "always" と "never" について興味深い記事を見つけたので、ご紹介したいと思います。

記事は "always" と "never" という言葉を使う時は気をつけて! というもの。


これらの単語は、ほとんど 「本当に?絶対?何があっても?」 と聞き返して!

と頼んでいるようなものだとか。


たとえば、もし

"Never start a sentence with a lowercase letter"
「センテンスは絶対小文字で始めちゃだめ」

と書いたとしたら、

「"de Heer" っていうラストネームの人の名前が文頭にくることもありますよ」
「"pH" が文頭にきたら、 p は小文字じゃなくてはいけないですよね」

などと例外を指摘してくる人が出てくるでしょう。


完全なあげ足とりですね(苦笑)。

"always" と "never" は、そう指摘したくなる程、強い言い切りだということでしょう。


例外が全くないような状況でない限り "always" と "never" は使わないほうが無難。

記事には

Never write "never." Always avoid "always."

とまで書いてありました。


"always" を使いたくなったときは、代わりに "usually" を使うのが安全だそうです!


参考: Grammar Girl: Always, Never, Usually, Often, Most, and More





スポンサードリンク


© 2008-2012 friends-esl.com All Rights Reserved.