やり直し英会話入門

英語のニュアンス

ホーム > 英語のニュアンス > shop と store の違いと使い分け

今回の英語のニュアンスは、日本語では 「 お店 」 と訳される shop と store の違いについて注目してみましょう。


shop と store の使われ方については、アメリカ英語とイギリス英語でも違うようです。

ここではアメリカ英語での違いについて見てみたいと思います!

grocery store


まず、shopサービスを提供していたり、物を作ったり加工したりして売っている、専門店で小さめのお店なことが多いです。

例えば次のようなお店に shop が使われます。

  • coffee shop
  • pet shop
  • flower shop
  • barber shop

一方、 store仕入れた物をそのまま売っていて、いろいろな商品を取り扱っていたり、特定のジャンルの商品でも品ぞろえが豊富だったりして、お店のサイズも大きめなことが多いです。

例えば次のようなお店に store が使われます。

  • grocery store
  • depatment store
  • book store
  • outlet store

世界最大のスーパーマーケットチェーンの Walmart も store ですね!


例えば bicycle shop と聞いたら、小さめの自転車屋さんで、そこにいる店員さんが修理もやってくれる感じがします。

bicycle store と聞いたら、大型のお店にいろんな種類の自転車がずらっと並んでいて、店員さんは販売員のような感じだと思います。


shop と store の、置き換え可能なケースもありますし、大きなお店が shop を会社名につけているようなところもあります。

なので、違いは厳密ではありませんが、なんとなくのニュアンスの違いがご参考になればうれしいです!