やり直し英会話入門

私のアメリカ留学体験記

ホーム > 私のアメリカ留学体験記 > 大学付属 ESL でできた友達

アメリカに住み始めてから 7 年半。いろんな学校で勉強してきましたが、大学付属 の ESL でできた友達が、プライベートでも一番良く遊び、今でも住んでいる国が違っても、たまに近況報告をし合う間柄になりました。

たくさんの友達ができるのは、やっぱりダントツで語学学校です。

自分の国を離れて、アメリカに来ている境遇や、みんな英語がカタコトだったりするからでしょうか。それぞれの国の言葉や文化を教えあったり、すぐに仲良くなります。

人の出入りの激しい私立の語学学校と違って、大学付属の ESL は学期制なので、毎日同じクラスメートと同じ授業を受けます。そのため、より仲良しになる傾向があるのかもしれませんね。

お休みの日には、クラスメートが集まって、バーベキューをしたり、テーマパークに遊びに行ったり、誰かのアパートに集まっていろいろな話をしながら、食べたり飲んだり、と毎日楽しく過ごしました。

とっても良い思いでです!

ESL のお友達
1 学期最後の日にクラスメートと撮った写真です。

クラスメートの国籍別構成は、

日本 : 6 人(私を含めて)
韓国 : 4 人
台湾 : 3 人
インドネシア(バリ): 1 人

誰が何人だかわかります?(笑)

次のページへ