やり直し英会話入門
今度こそ、英語がペラペラに話せるようになりたい!英語をきちんと基礎からやり直したい!

英語で 「 予約 」 - reservation と appointment の使い分け

ホーム > 日本人の間違いやすい英語! > 英語で 「 予約 」 - reservation と appointment の使い分け

今回は 「予約」 という意味の reservation と appointment の使い分けに注目です。


「予約をしたいのですが。」 と言いたい時には、動詞 make を使って、

I would like to make a reservation.
I would like to make an appointment.

と言うことができますが、この reservation と appointment 、どういう状況でどちらを使うのでしょうか?


reservation を使うのは、座席や場所をキープする必要がある時です。

例えば、次のような状況では reservation を使います。

  • 飛行機の座席を予約する時。
  • ホテルを予約する時。
  • レストランのテーブルを予約する時。
  • 劇やコンサートの座席を予約する時。

appointoment を使うのは、時間と場所を決めて、何かの目的(医療関係やビジネス等)で誰かと会う時です。

例えば、次のような状況では appointoment を使います。

  • お医者さんを予約する時。
  • 歯医者さんを予約する時。
  • 取引先の人と会う約束について話す時。
  • 会計士に会う予約をする時。
  • 弁護士に会う予約をする時。

ちなみに友達との約束について話す時には reservation や appointment は使わず、 plan を使います!





スポンサードリンク


© 2008-2012 friends-esl.com All Rights Reserved.