やり直し英会話入門
今度こそ、英語がペラペラに話せるようになりたい!英語をきちんと基礎からやり直したい!

英語のニュアンス ♪

日本の学校では、同じ意味だと教えられました。
書き換えるテストまでありました。
でも、アメリカ人に意味を聞くと、

『 上手に説明できないけど、全く同じではないんだよな~ 』

というような、単語や言い回しがあったりします。
そんな英語のニュアンスの違いを少しずつ紹介できたらいいな~と思います。


New

lately と recently の違いと使い分け

今回の英語のニュアンスは、日本語では両方 「最近」 と訳すことのできる lately と recently の違いについて注目してみましょう。

I had a blast! - blast の意味と使い方

新しいお友達の間で結構良く使われている blast という単語に注目してみたいと思います。

at last と finally の違いと使い分け

どちらも日本語訳を見た限り、同じような感じですが、実際は at last と finally 使われる状況が少し違い、間違ってしまうと思っていなかったニュアンスが出てしまうことがあるのです。

large と big の違いと使い分け

どちらも「大きい」と訳されるときの large と big の違いについて注目してみたいと思います。

clothing・clothes・cloth の違いと使い分け

まず、どちらも 「衣類」 や 「 服 」 というような意味を持つ clothing と clothes ですが、どのように違うのでしょうか?

home と house の違い

どちらも 「 家 」 と訳すことができる、home と house の違いについてみてみましょう。

borrow と rent の違い

今回の英語のニュアンスは 「 借りる 」 という意味を持つ、borrow と rent の違いについてです。

Why と How come の違い

今回はどちらも 「どうして?」 と訳される、Why と How come の違いについて注目してみたいと思います。

動詞の end と finish の違い

同じような意味をもつ end と finish ですが、たまに end を使うか finish を使うかで意味が大きく変わってきてしまう場合があります。

people と persons の違いと使い分け

人をあらわす意味の英単語、 1 人の時は person 、2 人以上の時は people、とどこかでならった気がしますが、アメリカで生活していると、ちょこちょこ persons という表記を見かけます。 people と persons はどのように使い分ければよいのでしょうか?

some と any のニュアンスの違いと使い分け

some と any はどちらも 「いくらか」 というような意味で使うことができる単語です。 今回はそのニュアンスの違いと使い分けに注目してみましょう。

『 主語 + is + 形容詞 』 と 『 主語 + is being + 形容詞 』 の違い

今回は 『 主語 + is + 形容詞 』 と 『 主語 + is being + 形容詞 』 と言った時のニュアンスの違いについて注目してみたいと思います。

four-year-old と four years old の違い

『 year-old 』 と 『 years old 』 の違いについて注目してみましょう。 問題です、下線の部分をうめて下さい。 1. He is _____. (彼は 4 歳です), 2. He is a _____ boy. (彼は 4 歳の男の子です)

旅行に関係する英単語 - travel, trip, journey, voyage の違い

旅行を意味する英単語はいろいろありますね。 今回は travel, trip, journey, voyage の違いに注目してみたいと思います。

between と among の違い

between と among は両方 『 ~の間で』 や 『 ~のうちで』 という意味の前置詞として使うことができますよね。 どんな状況でどちらを使うかですが、とっても簡単で有名なルールがあります。

speak と talk の違い

次の例文を見てください。1. May I talk to you? 2. May I speak to you? この 2 文、どのように違うでしょうか?

affect と effect の違い

今回は何度聞いてもややこしい、affect と effect の違いについて注目してみましょう。

as, because, since の違い

as, because, since はどれも理由を説明する時に使えますが、この 3 つにどんなニュアンスの違いがあるのでしょうか?

tell と teach の違い

今回は日本語で『 教える 』と訳される時の tell と teach の違いに注目してみましょう。

see, look, watch の違い

see と look (at) の違いは hear と listen (to) の違いにとてもよく似ています。

hear と listen の違い

結構有名で、みなさんご存知かもしれませんが、今回のお題は『 hear と listen の違い 』 です。

until と by の違い

いきなりですが問題です。次の下線に入るのは until でしょうか? by でしょうか? Can you stay here ___ 7 o'clock?

come と go の違い

英語学習をはじめて、日本語と違う!と一番最初に戸惑うのが『 come と go 』 、『 行く と 来る 』の違いではないでしょうか?

small と little の違い

この 2 つ、違いはとってもシンプルです。 両方とも 「 小さい 」 というような意味ですが、ポイントは 『 感情 』 です。

had better と should の違い

先日お役立ちフレーズで You might want to というソフトなアドバイスや提案の表現をとりあげましたが、 今回は had better と should の違いに注目したいと思います。

each と every の違い

each と every はどちらも "each book" "every book" のように単数形の名詞と一緒に使いますが、完全に同じではありません。

bring と take の違い

ちょっと混乱しがちな bring と take ですが、Thanks for [   ] me here. にはどちらが使われるでしょうか?

未来を表す be ~ing と be going to ~ の違い

前回は will とbe going to の違いを取り上げましたが、今回は未来を表す be ~ing と be going to ~ の違いに注目したいと思います!

will と be going to の違い

学校ではハッキリと教えられませんが、will と be going to は完全に同じ意味ではありません。

並んでいますか? Are you in line?

私はよくスタバに行くのですが、そこで週に何回も使う、または尋ねられるセンテンスがあります。

must と have to の違い

いきなりですが質問です。健康診断で、お医者さんにタバコをやめろって言われたんだよな~ という人が言いそうな言葉はどっち?

Adjective Order - 形容詞の語順

『 Pink Sweet Berry 』日本で人気のフローズンヨーグルト屋さんらしいですね。名前に何か違和感を感じませんか?

学ぼう! study と learn の違い

study と learn はどちらも 『学ぶ』 というような意味の単語ですよね。文法的にはどちらもOKですが、含まれる意味が少し違います。

気付こう! notice と realize の違い

notice と realize は両方 『気が付く』 というような意味の単語ですが、ニュアンスが少し違います。

be willing to do のニュアンス

よく間違えられていますが、be willing to do は『 進んで~する 』 や 『 喜んで~する 』 という意味ではありません。

as ~ as に隠された意味

Tom is as tall as his brother. 学校で『 Tom は彼の兄弟と同じくらい背が高い』と習いませんでしたか?

文法的には×。でもよく使われている口語表現 ①

今回は文法的には間違っているけれど、普段ネイティブが普通に使っている口語表現をご紹介したいと思います。

宇多田ヒカルって知ってる?

お友達に、「宇多田ヒカルって知ってる?」と聞きたい時、英語でなんと言うべきでしょうか?



スポンサードリンク


© 2008-2012 friends-esl.com All Rights Reserved.