やり直し英会話入門
今度こそ、英語がペラペラに話せるようになりたい!英語をきちんと基礎からやり直したい!

home と house の違い

ホーム > 英語のニュアンス > home と house の違い

今回の英語のニュアンスは、どちらも 「 家 」 と訳すことができる、home と house の違いについて注目してみたいと思います。


home と house は基本的には同じような意味を持っていて、どちらを使っても OK なケースが多いです。

例えば、単に住んでいる場所を指すような、次のようなセンテンスです。

I left my camera at home/my house.
カメラを家に忘れた。

ですが home と house は全く同じ、という訳ではありません。


まず、houseは通常、一戸建ての家 を指す時に使われ、アパートなどを指すのには使いません。

一方、home は家の種類(一戸建てかアパートかなど)に関係なく、住んでいる場所であればOK です。


もうひとつ、大事な違いは 『 home には気持ちがついてくる 』 ことです。

house が単に建物を指しているのに対して、

くつろげる感じ、安心できる感じ、心地よい感じ、そんな気持ちが home には含まれています。


ですので、 house は人が住んでいなくても OK ですし、

キャンピングカーが心地よい場所でそこに住んでいるのであれば、その人にとってそれは home になります。




スポンサードリンク


© 2008-2012 friends-esl.com All Rights Reserved.