やり直し英会話入門

英語のニュアンス

ホーム > 英語のニュアンス > see, look, watch の違い

今回の英語のニュアンスは日本語では『 見る 』と訳される、see, look, watch の違いについてです。

see と look (at) の違いは hear と listen (to) の違いにとてもよく似ています ☆

see / hear は何かが "comes to our eyes/ears" という状態の時に使うのに対して、look (at)/ listen (to) は "concentrating, paying attention, trying to see/hear as well as possible" という時に使われます。

see, look, watch の違いをまとめると次のようになります。

see: 何かを見ようとしているいないに関わらず、視界に自然と入ってくる時に使う
look (at): 何かを意識的に見ようとしてると時に使う
watch: look at に似ていますが、見ている物が動いたり変化したり、何かが起こっている時に使う

基本的なルールは上に書いた通りですが、よくあるケースは普通どれを使うか覚えてしまうと簡単です。

TV → watch
サッカーや野球等の試合 → watch
劇や映画 をシアターで見る → see

ではエクササイズです ☆ see、look at、watch のどれかを入れて下さい。

1. I'm going to stay home and ___ TV tonight.
2. I can ___ your house from here.

1番はTVなので、迷わず正解は watch です。

2番は意識してみようとしなくてもあなたの家が見えるので正解は see ですね ♪