やり直し英会話入門

英語のニュアンス

ホーム > 英語のニュアンス > between と among の違い
スポンサーリンク

今回のお題は between と among の違いについてです。


between と among は両方 『 ~の間で』 や 『 ~のうちで』 という意味の前置詞として使うことができますよね。

どんな状況でどちらを使うかですが、とっても簡単で有名なルールがあります。


■ 2 つのものについて話している時は between
■ 3 つ以上のものについて話している時は among


例えば、「(あなたと私)ここだけの話ね。」 と言いたい時には、あなたと私、2 人の間なので、次のように between を使います。

This is just between you and me.

「これ、大学生の間で人気の飲み物だよ。」 と言いたい時には、複数の人数の間でのことなので、次のように among を使います。

This is popular drink among college students.

例外がなくはないですが、ほとんどの場合このルールで OK です。


ちょっと気をつけたいのは between でいう 1 はグループでも大丈夫な点です。

例えば、「これが私たちと彼らの違いだよ。」 と言いたい時には、次のように言うことができます。

This is the difference between us and them.

us と them。ひとりひとり数えたら 2 人以上になりますが、2 グループとしてとらえているので between でよいのです。


ですので、誰かが

"between them" と言った時には
⇒ 2 人の人もしくは、1 対グループ、もしくはグループ対グループ間のように、2 つのものをイメージしている

"among them" と言った時には
⇒ 3 人以上の人達、または複数のグループをイメージしている

という感じになります ♪


[ 追記 ]
本サイトでも紹介している ESL ポッドキャスト を聞いている方から、 最近はフォーマルな場合でも between と among の使い分けがあまりされなくなってきていると言っていたというご連絡をいただきました。 English Café 258 で取り上げられていて、早速私も聞いてみました! ESL ポッドキャスト の English Café では、毎回最後のコーナーで、英語のニュアンスで書かせていただいているような微妙な意味の違いや、語法などがピックアップされています。 みなさんも良かったら聞いてみて下さいね!