やり直し英会話入門

英語のニュアンス

ホーム > 英語のニュアンス > clothing・clothes・cloth の違いと使い分け

今回の英語のニュアンスは clothing、 clothes、 cloth の違いと使い分けに注目してみたいと思います。


まず、どちらも 「衣類」 や 「 服 」 というような意味を持つ clothing と clothes ですが、どのように違うのでしょうか?

ネイティブの人でもどちらを使うか意見がわかれるケースもあるようですが、基本的な違いは以下の通りです。



clothing は服のタイプやスタイルなどを一般的に話したり、服の売り買いに関連する話題の時によく使われる単語です。 例えば、オンラインショッピングサイトでは、カテゴリーに Women's Clothing のように書いているところが多いです。

clothes特定の服について話す時に使われる単語で、普段の会話で服について話をする時に良く使われます。 例えば、あなたの服、この服など。 また clothes は常に複数形で使われる名詞で、単数形で使われることはありません。


ご参考までに Longman Advanced American Dictionary の Usage Note には以下のように説明されています。


Use clothing when you are thinking about clothes in general: The refugees need food and clothing.

To talk about the particular things people wear, use clothes: Here, take off those wet clothes and put this on.

Longman Advanced American Dictionary より抜粋


ちなみに、Longman Advanced American Dictionary は 私が通っていた大学付属の語学学校で指定されて買ったのですが、説明がとてもわかりやすいので英語学習者におすすめの英英辞書です。


最後になりましたが、 cloth はなんとなく似ていますが、服などを作る 「 布 」 や 「 生地 」 という意味の単語で、「 服 」 という意味はありません。