やり直し英会話入門
今度こそ、英語がペラペラに話せるようになりたい!英語をきちんと基礎からやり直したい!

時制 (tense) シリーズ第 1 弾 『 過去に起こったことについて語ろう!』 - 1. Simple past (過去形)

ホーム > やさしいフレンズ英文法 > 時制 (tense) シリーズ第 1 弾 『 過去に起こったことについて語ろう!』 - 1. Simple past (過去形)

英語で話す時に、どの時制 (tense) を使ってよいか迷ってしまうことはありませんか?

そんなお悩みを少しでも解消できればいいなと思い、時制 (tense) について取り上げてみることにしました♪

時制 (tense) シリーズ第 1 弾 は 『 過去に起こったことについて語ろう!』 です。

まず最初に、過去に起こったこと(現在も続いているかはおいておいて)について話す時に使える時制は次の 6 つです!

それでは、どれをどんな状況で使うのか、ひとつひとつ見ていきましょう!

今回は simple past (過去形)に注目です!


1. Simple past (過去形)

■ 過去に起こった いろんな出来事 について話す時に使われます。

☆ 過去に1回だけ単発的に起こった出来事
simple past 1

☆ 過去にしばらく続いた出来事
simple past 2

☆ 過去に繰り返し起こった出来事 simple past 3

図は全て、Basic English Usage P183-184 より抜粋

■ 物語を伝える時や、過去の出来事の詳細を伝える時にも使われます。

いろんな出来事に使えるんじゃ、どんな時に使っていいかわからないよ!って思いました??? 実は簡単ルールがあるのです。

ルール:
他の時制 ( 2 ~ 6 番)を使う良い理由がみつからなければ、simple past (過去形)を使おう!

Simple past (過去形)は、過去に起こったことを語れる時制の残りの 5 つにぴったりくるものがなかった時に使えば OK です!

今はピンとこないかもしれませんが、他の時制をどんな時に使うのかがわかれば、自然とどんな時に simple past (過去形)を使えばよいのかも見えてくると思います ♪


このシリーズは、このお題についてダントツ 1 番わかりやすく解説されていると思う、Basic English Usage にそって進めていっています。
ご覧ととおり、図がとてもわかりやすく英語を感覚的に理解することができるので、とても重宝しています!

次のページへ



スポンサードリンク


© 2008-2012 friends-esl.com All Rights Reserved.