やり直し英会話入門

アメリカ生活情報

ホーム > アメリカ生活情報 > チップ (tip) の額と払い方

チップ (tip) について

アメリカではレストランやホテル等でサービスを受けた時にチップ (tip) を支払う習慣があります。

チップのいくら払うかは、基本的に税抜きの金額 (sub total) の何パーセントという感じで計算しますが、どんなサービスを受けた時にチップが必要で、チップを何パーセントくらい支払うかは人それぞれです。

と言っても、チップを払う習慣のない日本人には、どんな時にいくらくらい払ってよいのか不安なものだと思います。

ここでは、目安となるチップの額と払い方をご紹介したいと思います ♪

チップ (tip) の額: いくら払えばよいの?

チップをいくらくらい支払うかは、どんなサービスを受けたかによります。

チップに関するリサーチを続けていて、CNN や The New York Times などにも情報源として使用されているサイトに書かれているチップの目安を下にまとめてみました!

サービスチップの額
レストラン・バー普通のサービスの場合: 15 %
よいサービスだった場合: 20 %
悪いサービスだった場合: 10 %
バッフェ5 から 10 %
バーテンダー15 から 20 %(最低ソフトドリンク 50 セント、アルコール 1 ドル)
バレー・パーキング車を持ってきてくれる人に 2 ドル
タクシー15 %。荷物がたくさんあって手伝ってもらった場合は 1 から 2 ドルプラス
美容室 15 %
家具・電化製品
(冷蔵庫など)
1人 5 から 10 ドル
お花2 から 5 ドル
フード・デリバリー 10 %(最低 1 ドル)
キャリーアウト
(お持帰り)
頼んだ食べ物を見せてくれたり、プレート、ナプキン、フォーク等をくれたり、運ぶのを手伝ってくれたり、親切にしてもらったら 5 から 10 %
ホテル荷物を運んでもらったら、荷物 1 個につき 1 ドル
ハウスキーパー 2 ドルから 5 ドル
チケットをとってもらったり、何かの予約を入れてもらったら 5 ドル

  • パーセンテージは税抜き料金 (sub total) にかかります。
  • フード・デリバリーについては、いろんな団体で意見がわかれているようで、少額でよいとしているところや、レストランと同じパーセンテージで計算するべきとしているところもあります。
  • 参考: The Emily Post Institute, The Original Tipping Page

チップ (tip) の払い方について

チップは基本的に代金を支払う時に一緒に払います。代金を払うチャンスがないサービス(荷物を運んでもらった等)には、そのサービスが終わった時にその人に渡しましょう。

ここでは一番よくある、レストランでのチップの払い方をご紹介したいと思います。

レストランで食事をした後、チェックをもらいます。チェックには sub total、total が書かれていますので、普通のサービスだった場合には sub total の 15 % 程度をチップとします。

チップをキャッシュで払う場合は、テーブルの上において帰るのが普通です。

チップをカードで一緒に払う場合は、tip の欄に計算した額を書き、その下に total と tip の合計を記入します。

観光地にあるレストランや、 1 グループの人数が多い場合、既にチェックにチップが含まれていることがあります!二重に払ってしまわないように気をつけましょう。


最後に...
私のチップに対する個人的な意見ですが、チップについては本当に人によって言うことが違うので、あまり神経質になる必要はないと思います。だいたいの目安だけを知っておいて、気持ちのよいサービスであったら少し多めに、ひどいサービスであったら少なめにする。それでよいと思います。
チップをあげない、と多数の人が言っているサービスであっても、すごく良くしてもらったらチップをあげてもいいのではないかな、と思います ☆